めんおうブログ

国家公務員からラーメン業界への転職を決意した、30代男性(妻、子2)の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

雑記(考えたこと)

「こんな大人」にはなりたくない。

わたしが、大人、というものを意識したのは、中学生くらいの頃だったと思う。昔のころの自分を引き合いに出しながらガミガミとうるさく、否定ばかりする大人を見て、「こんな大人にはなりたくない」と思ったものだった。「近頃の若者は・・・」という言葉を…

ブログのスタイルと自分なりのルールについて

わたしは、ブログ歴のわりに、比較的多くの記事を投稿してきたように思う。 4カ月のブログ歴。記事数は、この記事で272記事目である。「とりあえず100記事」などと言われている中、ここまでの量を書いてみると、やはり見えてくるものが多かった。 それは、…

フリーランスについて考えた結果、60歳になったらフリーランスになることを決めた。

先日、スマートニュースを見ていたら、こんな記事を見つけた。↓ www.businessinsider.jp 要は、フリーランスで働く人が年々増加していて、経済規模も伸ばしており、2018年にはフリーランス人口は1119万人、経済規模は20兆円になると推計されている、というこ…

情報弱者がSNSの未知の世界に飛び込みたいと思った話

ブログを始めて4カ月が経とうとしているが、ブログを始めてからというもの、新しい発見が止まらない。 自分が持っていた価値観を深めたり、他の方の価値観に触れたりはもちろんだが、ここで強調したいのは、SNSやSNSを通した繋がりについてだ。 わたしは、…

ブログは生もの。そこにこそブログのおもしろさがある

先日、こんなツイートを見て気になった。↓ 音楽の価値提供量がエゲつない。聴くだけで当時のことや、どんな気持ちだったか、誰といたかまで鮮明に思い出せる。ブログ記事は1日10本読んでるけど年間通してはっきり思い出せる記事は1〜2本。記憶の定着率でいう…

息子との約束を守りたいと思う。

ふとしたときに不安になることがある。 ネットサーフィンに飽きて音楽を聴いているとき、通勤電車の乗り換えのとき、仕事の休憩中など。いずれも、一人で何をするわけでもなく、ぼーっとしているときが多いようだ。 その不安とは、 父親としての自分を見て、…

年のいった人ほどブログをした方がいいと思う。

先日、息子の入園式があった。これに合わせて、実家から祖母(息子にとっては曾祖母)が来てくれた。 入園式は無事に終わり、その夜にお祝いのケーキを食べることになった。 祖母と一緒にケーキを買いに行くと、祖母がその代金を払ってくれた。代金を払い終…

ドコモからLINEモバイルに乗り換えた。その流れと体験談を超わかりやすくまとめる。

昨日、ドコモからLINEモバイルに乗り換えた。 せっかくなので、どのような要領で作業したのか、そして、実際乗り換えてみてどうなのか、ということをまとめてみたいと思う。 なお、乗り換え要領などは、わたしがまとめるよりももっと詳しく、わかりやすい記…

「何物にもなれないかもしれない」30代のわたしが今思うこと

先日、はてなブログを徘徊していたら、こんな記事を目にした。↓ anond.hatelabo.jp 表題が気になって開いてみたら、熱い思いのつまった文章に引き込まれた。悩み、怒り、悔しさ、前向きな気持ちがこれほど詰まった記事にはなかなか出会うことはない。 要約す…

わたしなりのブログに書くこと見つけ方。

ブログに書くことが思いつかなくて困る、という記事やツイートを何度か見たことがある。 書くことが思いつかないというブロガーの悩みは、小説に書くことが思いつかないという小説家の悩みと同じであって、致命的とも言えるかもしれない。また、書くことが思…

いつかはやりたいことリスト2018年版!

散歩をしていたら、おもしろい話をしている人(id:cildさん)がいたので聞き入ってしまった。その内容はこんな内容だった。↓ 要は、チルドさんが、死ぬまでにこれこれのことをしたい、ということを話していたわけだ。 そこで思った。自分は、仕事の目標なんか…

社畜という言葉があまり好きでない。でも、そこには、生きがいを求める若者の思いがある気がしてならない。

社畜、という言葉を聞いたことがるだろうか。 ブログやツイッターをしている人は、聞いたことのある人がほとんどだろう。SNSをしていると、毎日のようにだれかしらが発信していて、よく目にするからだ。 一応その意味を調べてみると 社畜(しゃちく)とは、…

退職について上司に告白したときのことを思い出して気分が重くなった。

今日は3月の最終日。 ふと窓の外を見ると、明るい日差しの中で桜の花びらが風に吹かれて、道路上に渦を巻くように舞っている。 年度が終わり、また新たな年度を迎える。大人は異動、子供は卒業や入学など、それぞれが古い自分に別れを告げ、新しい自分に出…

大規模オフ会「ヒトデナイト」の盛り上がりがホントにすごい。これを見て感じたこと。

この方をご存じだろうか。↓ きっと、はてなブログをしている人なら、ほとんどの方がご存知なのではないだろうか。 ネット関係に疎いわたしですら、ブログを始める前から知っていた。 何か調べものをしていた時に、たまたま✩←ヒトデ (id:hitode99) さんの記事…

ベンチャー企業のスピード感がすごい。

わたしは、公務員を退職後、創業10年で年商数十億、全国展開や海外展開を強力に推進するラーメンベンチャー企業に勤めている(もちろん安月給です)。 今日は、1月に転職したその会社の2回目のWS(ワークショップ=討議、発表を基本にした研修)に参加した…

読者登録に関する考え方とそのやり方が変わって来た。

これまで、記事を読みに、いろいろなブログにお邪魔させていただいた。かなりたくさんの記事を読ませていただいてきたような気がする。 その中には、賛同できるもの、反対意見を持つものやとても印象に残るものまで、本当にいろいろな記事があった。 しかし…

はてなブログ読者登録者数ランキングを使って、ブロガーの活動実態について徹底的に調べた結果をまとめる。

もうすぐ3月も終わる。 わたしがブログを始めて4カ月になる。本当に時の流れは早いものだ。 まだまだ新参者、と思っていたが、他のブログを覗きに行くと、「100記事投稿達成!!」とか「ブログ開設後、2カ月経過!!」といった記事をよく目にするようにな…

一人でサタデーナイトフィーバー。やっほぃ。

エレベーターを降りると、そこは、まるで別世界だった。 狭いエレベーターの箱から出ると、薄暗い中で蛍光のオレンジ色が光る、クラブの入り口を思わせるおしゃれなデザインの小部屋があった。過ごしやすい温度に設定された空気の中に柑橘系の香水が噴射され…

「好きな事で生きていく」は魅力的。でも、そのための努力や考え方こそが大切。

ブログやツイッターを始めてから、「好きな事で生きていく」という趣旨の発言等を目にすることが増えた。そのような発信を一日一回は見る。多くの人にとって、これが魅力的に映るからだろう。もしくは、多くの人が、「好きな事で生きていく」ことができずに…

子どもを登場させた番組をYouTubeに配信する親の気持ちが全く理解できないどころか、嫌悪感を覚える。

わたしにはもうすぐ4歳と2歳になる子がいるが、二人とも毎日YouTubeを見ている。時間を決めて見せるようにはしているが、同じようなチャンネルを好んで見ているようだ。 うちの子の好きなチャンネルはいくつかあるが、すべて、その親の作ったシナリオ通り…

派遣労働者の扱いが非人道的過ぎるコンビニとその従業員に怒りしか湧かなかった。

先日、勤めているラーメン店の店長に頼まれて、一駅隣の同系列の店にネギを借りに行くことになった。ネギの発注ミスで、その日の午後の分が足りなくなったのである。 発注ミスは結構あるもので、近くの系列店に材料などを借りに行くことはしばしばある。転職…

超エリートの時間に対する価値観が異次元すぎて、我が身を振り返らざるを得なかった。

先日初めたAmazon Primeの特典で読み放題本に指定された本を、持ち前のビンボー根性丸出しで手当たり次第にダウンロードし、何冊か読んでみた。 その中で、一冊、新しい発見や、納得いくことばかりが書かれている本に出合うことができた(まだ全部読んでませ…

ここ数日間体調が悪くて、本当にろくなことがなかった。

表題のとおり、ここ数日間体調が悪くて、本当にろくなことがなかった。 ブログ自体、開設してからこれまで、ほぼ毎日更新、しかも多い日は一日三記事くらい更新したこともあった(もっとましな記事書け、という声が聞こえてきそう)。これは何より、ブログ自…

ツイートを真に受けたら危険ですよ!!例えば、インプットの方がアウトプットよりもよっぽど重要なことについて。

わたしも、相当な未熟者ではあるが、熱い思いを胸に、記事を書かせていただきたい。 バカはしゃべらない方がいい。というなかなか挑発的かつ衝撃的な指導を受けたのは、前職で英語の通訳コースを学んでいた時だ。 英語を学ぶコースであるにも関わらず「英語…

子どもには自分が与えられてきたもの以上を与えてあげたい、という気持ち。

どの家庭でもしているように、我が家でも節約をしている。 同じ価値のあるものなら、できるだけ安く買うようにしているし、必要のないものは買わないようにしている。月の終わりには家計簿をつけて、いくら赤字か、黒字か、という結果に一喜一憂し、翌月はど…

はてな村とは。その実態を徹底的に調べた結果をまとめる。

先日、こんな記事を投稿した。↓ この記事は、わたしが、はてなブログを始めたことを「はてな村に住み始めた」と例えながら、現実世界にも通じる人間の本質的な性質について述べ、感じたことを記録したものである。 そして、記事を読んでいただいた方から、多…

森友文書書き換え問題について、元省庁幹部職員が職場の実情などを踏まえて語ってみる。

森友文書疑惑に関する報道を見て、ついに出ちゃったか、もう嫌だなこれ関係のニュース、という暗澹たる気持ちになった。 森友、森友と聞いてもう嫌気がさしている方が多いと思うが、政治と行政の在り方や政治家と官僚の関係を考えさせられる、とてもいい機会…

最近、所帯じみてきたけれど、これは若い頃に思っていた「逃げ」ではなかったようだ。

「所帯じみる」という言葉に前向きで魅力的な響きはまったくない。地味で、後ろ向きな印象だ。 その正確な意味は、以下のようなものらしい。 [動マ上一]考え方、態度などが、所帯持ち特有の生活臭を帯びて、はつらつとした感じがなくなる。「子供がいるの…

序列を気にしないで済む世の中ならいいのに。

先日、、春が確実に近づいていることを感じさせるぽかぽか陽気の午後、出勤時の通勤電車の中で、ふと横に座っている男性の方を見ると、どこかの企業の部署内の序列表を何枚か確認しているのが見えた。特にその内容を見ようとしたわけではなく、横の人が動く…

踏んだり蹴ったり。最悪の一日。

昨日は、踏んだり蹴ったり、最悪の一日だった。 子どもたちは数日前から風邪で、わたしも妻もうつされて風邪気味になっていたが、朝起きると、妻は39度以上の熱だった。 わたしにも経験があるが、39度以上になると、かなりきつい。寒気とめまい、そして、力…