めんおうブログ

国家公務員からラーメン業界への転職を決意した、30代男性(妻、子2)の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

メルカリ体験談

スポンサーリンク

メルカリって使われたことはありますか?

今では、国内5000万、海外でも2500万ものダンウンロード数を誇っていて、いくつかあるフリマアプリでもダントツのシェアのようです。
以下のブログが詳しいです。
http://www.yellowpadblog.com/entry/2017/01/11/mercari_fril_rakuma_freemarket_apps

自分、そして妻もついこの間まで使っていた(一ヶ月くらいでやめてしまいましたが)ので、その体験談について書いていきたいと思います。

f:id:mennou:20171204122322j:plain

メルカリをはじた理由

メルカリをはじめたのは超単純です。

それは、
お金が少しでもあればいいなあ

というものです。しかも、聞いたところによるとメルカリは簡単でいらないものを処分しながらできる、ということで、やらないわけにはいかない!と始めることになりました。

メルカリのやり方は

①アプリをダウンロード
②アカウント登録
③メルカリ市場に商品を出す
④購入希望者とのメールのやり取り
⑤商品の発送
⑥お金が振り込まれる

というものです。

確かに「流れ」は、簡単ですね。

メルカリをやめた理由

やめた理由も超簡単です。
それは、めんどくさくなった

ということです。

全体的に面倒なんですが、③の出品が一番面倒です。
商品の写真を撮って商品の説明を書いて…

でも、「ものが売れる」のは、確かです。

自分の売ったもので最高値は、手元に入った金額が6000円で、バッグパックを売りました。
ただ、そのうち家の中の売るものがなくなってきて、ホントにいらないものしか出品できなくなります。

そういうものは、売れても300円とかにしかならず、手間の方が大きい、ということになったのです。

これからのメルカリとのつきあい方

目標金額を決めてやろうとすると、売らなきゃ、という気持ちになって、売れるものの金額が下がり、手間の方が大きくなってきます。

なので、金額の大きいもので、いらないけど捨てるのはもったいない、というものが出てきたときにメルカリを利用する、というスタンスでやるのがいいのではないでしょうか。

アプリに振り回されず、マイペースな日々を送りたいものです。