めんおうブログ

国家公務員からラーメン業界への転職を決意した、30代男性(妻、子2)の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

幸せな人生の歩み方

スポンサーリンク

f:id:mennou:20171202235802j:plain

みなさん、幸せですか?

なんて聞くと、

わからないよ、そんなこと。でも、取りあえず楽しくやってるよ。

というような答えが返ってきそうです。自分も1年前までそうでした。

でも、どうでしょう?

幸せかどうか分からずに、取りあえず楽しくやる、という毎日より、充実して幸せだと胸を張って言える毎日のほうがいいんじゃないかと思いませんか?

この記事では、どうすれば、幸せになれるか、ということについて少しだけ考えてみたいと思います。

 幸せとは

別の記事でも若干触れていますが、幸せとは、「自分の人生を肯定できることだ」と星新一氏が言っていた通りだと思っています。

皆さんは、今の、そしてこれから歩もうとしている人生を肯定できますか?そして、人生を終えるとき、自分の人生を肯定(納得)できますか?

このように問いかけ、正面から考え、素直になることで自分の人生が見えてくるのではないでしょうか?

絶対に必要なことで、幸せになるための第一歩とは

幸せな人生を歩み始めるのに必要で、その第一歩となることとは、何でしょうか?

いくら「自分の人生を肯定できることが幸せなことだ」と頭でわかっていても、どうすればいいかがわからなければ、前に進みません。

自分が前の自分と今の自分で明らかに違うと思うのは、(これこそが、その問いかけの自分なりの答えです)自分で決めて実行することです。

自分で決める。

自分で決める。

・・・

人生は選択の連続、とも言いますが、みなさんはどのくらいの選択を自分で考えた末にされましたか?

仕事、家庭、趣味、保険、家、などなど。

自分が本当に楽しくてやりたいこと(自然と空き時間に考えてしまうようなこと)を仕事にしていますか?

家庭では、どのような夫婦関係を築いていますか?どのような夫婦でありたいと思っていて、そのために

何をしていますか?
また、お子様がおられる方は、その子とどのような関係を築いていますか?どのように育てていますか?それは、お子様の将来があってほしいと思っているからですか?

挙げていったらきりがありませんが、こういうことだと思います。

全てを自分で決めること。(もちろん周りの意見だって聞きますし、アドバイスだって聞きます。)

自分で決める、というのは自分や周りの人と問題や将来について正面から向かい合って時間と労力をかけてしっかりと考えて答えを出すことです。

言うのは簡単ですが、やるのはなかなか難しいですよね。

でも、やるんです。

ご主人であれば、プライドが邪魔をして自分の弱みや思いを(イライラ、恥ずかしがりなしに)正直に奥様にぶつけるのはあまりやらないことでしょうし、一人で仕事をしている方であれば、上司、同僚、友人にまじめに相談することもあまりないと思います。

でも、自分で納得した選択(決断)を日々積み重ねていくためには、大きな方向性や大きな案件に関しては、しっかりと腹をわって話し、考えることです。

自分で決めること。これが幸せな人生を歩むための第一歩であり、絶対に必要なことです。他人が作った波に乗っているだけでは、納得した人生は歩めないんじゃないでしょうか。仮に夢破れたり、になったとしても、自分で決めたことであれば納得いくはずですよね?

これから

f:id:mennou:20171203000050j:plain

人は価値観に基づいて具体的な行動をします。

まずは、自分に真正面から向かい合って、自分の価値観を知ること。これは、自分が何を求めているか、の答えを出すことです。

そして、その価値観を満足させるために何を具体的にしたいのか。

これを自分で決めて、やっていく人生。

これこそが、幸せな人生の歩み方なのではないでしょうか。