めんおうブログ

国家公務員からラーメン業界への転職を決意した、30代男性(妻、子2)の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

【30代転職体験談!(1)】転職活動の流れ

スポンサーリンク

お疲れさまです。

本記事に目をとめていただきありがとうございます。

本記事では、転職活動の流れについて紹介したいと思います。

f:id:mennou:20171206181505j:plain

自分にとっては、初めての転職活動でしたが先日内定をいただき、1月以降、その企業で働き始めることになります。

この体験をみなさんに紹介して参考にしていただければ、と思い、記事を書いていきます。

転職活動は、今している仕事を変更し、さらに新たな道を切り開いていくことなので、なかなか大変ですが、自分の道を切り開く、ということは何とも言えないやりがいも感じることができるものです。

以前書いた記事

www.zinseitanosiku.com

でも、紹介させていただきましたが、この記事以降、転職活動の流れや、それぞれの具体的な部分についても紹介したいと思います。

転職活動の流れ(理想)

転職活動の流れは、

①色々考える

②転職活動することを決める(転職先を決める)

③転職活動(情報収集、面接、内定、入社前面談)

④現職の上司に相談

⑤退職の決定

⑥書手続き

⑦退職

⑧転職先への入社

といものです。

自分の体験談

自分の場合は、10年間、今の職場(部内異動等はもちろんありましたが)で働いております。

その仕事に対する漠然とした不安(社会貢献の度合いなど)は、ずっと持ち続けておりました。

そのような中で下のような流れで活動しました。

28.12

仕事の悩みや不満を超えて「転職」ということを意識して考え始め

29.3

妻と相談、転職を決意、転職先を決定、上司へ相談

29.3

転職サイト、転職エージェントに登録

29.4

転職エージェントと面接

29.5

両親(妻がたも含む)への相談

29.8

退職が部内で決定

29.9

転職エージェントと面接

29.10

退職が決定

転職エージェントが職歴票などの希望企業への提出資料を全て準備

29.11

希望企業との面接・内定

29.12

入社前面談

30.1

入社

という流れでした。

最初に予定表を作りましたが、ほとんどそこからずれることなく目標を達成することができました。

 自分の場合は、上の転職活動の理想の流れとは大分違っていますが、これは、現職はその特性上、退職手続きに3か月以上の時間がかかるにもかかわらず、転職希望先は、面談から入社までの期間が2か月以内でないと対応できない、という実情があったからです。

やはり、できることなら理想の流れの方がいいですよね。

内定もらわずに退職の方が先に話が進むということは、転職活動がうまくいかなかった場合、収入がなくなるわけですから(失業保険はあるにしても)…

 

あと、転職活動にかける時間は、日本人の平均としては2か月くらいだそうです。ただ、妻子もちかどうか、貯金の状況など、いろいろな要素が絡んできて考える時間が必要になった場合は、もっと長くなることもあるんだと思います。

実際、自分は、上に書いたようにほぼ1年間かけています。

 

これ以降も転職活動の、もっと具体的なところを書いていきたいと思います!

では、また!