めんおうブログ

国家公務員からラーメン業界への転職を決意した、30代男性(妻、子2)の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

4人家族で車のない生活を、1カ月やってみてわかったことをまとめる。(転職後27日目)

スポンサーリンク

自動車を売り払ってから1か月が経ったので、その結果、わかったことについてまとめておきたいと思います。

f:id:mennou:20180127111911p:plain

自動車を売却した経緯

めんおう家では、結婚当初に新車で日産「ティーダ」を購入して使用してきた。約5年間で30,000Km強の使用であった。車を購入したころは、名古屋に勤めており、このころは、主に買い物と旅行に車を使用していた。3年間勤務したのち、東京に異動になり、東京でも3年間勤めた。東京でも主に買い物と旅行が主な使用目的で、名古屋、東京とも通勤は自転車であった。雨の日は電車である。感覚的には、週に1~2回くらいの使用頻度である。

 

このように車を使用してきたが、東京で転職することになり、家計を振り返ってみると車のために出ていくお金が大きいことが分かり、手放すことに決めたのである。もちろん、タダで持っていられるなら売却はしないが、売却することによるメリットとデメリットを事前によく考えて売却することに決めた。この記事では、車を売却して1か月が経ったこの記事で、実際どのように生活が変化したのか、変化しなかったのかについてまとめておきたいと思う。

 

なお、車を売却するまでの経緯や、売却したときの体験談についてまとめた記事を貼っておきますので参考にされてください。(ブログを始めて数日?の記事で初々しい)↓

メリット

メリットは、以下のように二つある。

 

①車のために出ていくお金を節約できる。

車のためにかかるお金は、以下の通りである。

車検が2年区切りなので、とりあえず2年分のをまとめると、

1税金:69,000円
2保険:100,000円
3車検:100,000円
4駐車場:240,000(月10,000円で計算)
5修理費:50,000円(年25,000円かかると見積)
6ガソリン:96,000円(月4,000円かかると見積)
7高速道路:12,000円(年3回それぞれ20,000円かけて帰省等する、として計算)・・・

ということで、2年間で775,000円になる。1年間だとこの半分で387,500円である。

車を売却した分、実家に帰省したり、旅行した場合などは別の移動手段を使うことになろうが、387,500円分は使わないだろう。これを1か月分に割ると、32,291円であり、これが1か月分の家計から浮いたことになる。これが一つ目のメリット。

 

②時間を節約するようになった。

買い物に車を使っていた時は、家族4人で近所のスーパーに行っていたが、今は自転車で同じところに行っている。子供がいると自転車での荷物運搬が難しいので、わたしか妻のどちらかが子供と遊び、買い物をするよう分担するようになった。買い物にかかる時間も変化ない。時間が節約できている。実感はないが、健康にもいいかもしれない。

デメリット

感じたデメリットは一つである。

 

天候が悪いときにも自転車で移動しなければならない。

車を売却してから、自転車を使うことが少し増えた。よく天気予報も見るようになり、外に出るときはできるだけ雨を避けるようにしているが、雨続きの日や先日の雪の日に買い物に出ざるを得なかった。

 

デメリットはこのくらいである。

 

週末に娯楽で外に出るときは、これまでも主に電車を利用していたので、特に問題や違和感なく過ごすことができている。

まとめ

めんおう家では、次の4月から上の子が幼稚園に入る。子供が幼稚園に入ってからは、その送り迎えや習い事なども増えて車がないことによる不便が増すだろう。ただ、これを差し引いても家計が助かるメリットの大きさを重視して車を売却した。

 

また、わたしは地方出身であり、東京の暮らしと地方の暮らしについて両方とも知っているからわかるが、地方では車がないと生活が成り立たない部分が大きいだろう。車がなくても生活が成り立つのは公共交通機関の発達した地域だけかもしれない。

 

1か月が経って、いろいろ考えたが特に問題なく生活できている。もし、みなさんも車なし生活の可能性があるなら、検討してみることをおすすめしたい。