めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

ブログの文章がどんどん読みたくなる理由

スポンサーリンク

わたしは、ブログの文章が大好きです。

 

わたしのブログ好きについては、これまでにも何度か記事にしてきたので、「もういいよ・・・」と思っておられる方もいるかもしれませんが、好きな事は好きなだけ語りたいクチなので、ご辛抱を・・・

 

さて、この記事では、書く方ではなく、ブログを読むのが楽しい!という話なんですが、なぜここへきて読むのが楽しい、という話かというと、下の本を読んでブログの文章のよさに改めて気づいたからです。↓

kindleのみの販売かもです。なお、アプリさえダウンロードしてしまえばkindle端末がなくても読めるので、興味があればぜひ

 

レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方

レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方

 

 

この本の著者は、すべてブロガーです。

約10名のブロガーが、生き方や働き方などのテーマについて書いています。

通勤電車の中で読んでいましたが、通勤・帰宅があっという間になったし、駅を降りるのを忘れてしまうことがあったくらいどんどん読み進められました。

登場するブロガーは「プロ」と呼ばれる人だけではなく、わたしのように会社員として仕事をしながら趣味的にブログをしている人もおり、とても参考になりました。

 

市販されている本とは言え、書いているのがみなブロガーという珍しい本だったんですが、やっぱりブロガーの文章は、その息遣いと体温を感じるものだったんです。

ブログの文章がどんどん読みたくなる理由はやっぱりこれだったんだ、と確信しました。

 

正直、プロ作家と言われる物書きに比べて、文章がきれいか、言い回しがうまいか、と言えば、そうではないかもしれません。

生き方や働き方についてのテーマでしたが、文章の内容も専門的なものではありませんでした。

それでもなお読んでいておもしろいと感じたのは、知っている友人に電話やメールでアドバイスをもらっているような気がしてきたからでした。

 

わたしは中学2年から読書好きになったんですが、それは文章の美しさに惚れた、というものではなくただ単に読むのが楽しかったから、という理由です。当時はブログの存在など知りませんでしたしね。

今でも読むのが楽しい、という純粋な気持ちがどこに向くか、ということがポイントなんですが、それがプロ作家が書く本よりもブログに向くことが多くなった、ということなんですね。

 

プロ作家が書いた文章としての美しさをもつ静的な作品よりも、息遣いや体温、すぐ近くにその存在を感じられるブログの文章に楽しさを感じることが多くなりました。

それに、ブログは静的ではなく、その人の人生のフェイズや身近なところでは気分に合わせて大きく、しかも頻繁にその書き方や文章が変わります(当ブログも開設当時とは大きく書き方も内容も変わっていると思います)。

これこそが本にはない、ブログの特徴であり、おもしろさだと思うんです。

アイドルの「おっかけ」をした経験はありませんが、あれも、そのアイドルを身近に感じたい、という気持ちがあるように感じます。ブログはその要素を書き手の方から無条件に与えてくれる、すぐれた仕組みですよね。

 

これまでの話とはすこし別のことですが、同じブログサービスを使っている人を見ると、親近感が湧くというのもなんだかうれしい気分になります。

というのは、上に紹介した本の著者の何人かは、はてなブログを使っていたんです(下に紹介しますね)。(村人意識というものではないと思いますが・・・)

「距離感の近さ」を感じますよね。文通、というものになんとなくドキドキを感じるあれにも似たような感覚でしょうか。

先日、「つながり」の主流が、SNSからライブストリーミングに変わる中でのブログ文化等について思うこと という記事で紹介したライブストリーミングよりも距離感はあるけど、これがちょうどいいんですよね。わたしにとっては。

 

ブログの文章がどんどん読みたくなる理由について書きましたが、わたしはブログ論的なやつが大好きなので、これからも言いたいことがあれば記事にしていきますのでお付き合いくださいね。

それでは最後に、上の本の著者ではてなブログを利用している方を紹介して終わります。おもしろい記事、読みやすい文章を書かれている方なのでぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

①ブログ「太陽がまぶしかったから」の池田仮名 (id:bulldra)さん

www.du-soleil.com

②ブログ「ぐるりみち。」のけいろー(id:ornith)さん

blog.gururimichi.com

③ブログ「自省log」のツベルクリン良平 (id:juverk)さん(2016年から更新がないみたいです)

juverk.hatenablog.com