めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

うんちを食べた

スポンサーリンク

※あらかじめ、お断りしておきます。

「うんちを食べた」の主語は、わたしではなく、4歳の息子です。

また、飲み込んでいないようで、本人は口に入れただけ、と言っています。

 

先日、仕事から帰ると、妻が「昨日プゲラなことあったよ」と言って出迎えてくれた。(めんおう家では、おもしろい、という意味でプゲラということがあります)

何があったのか聞いてみると、4歳の息子がうんちを口に入れたそうだ。

 

妻の話によればこうだ。

妻:あれ?なんだろ、この小さな黒いの。(畳の寝室にて)

子:それ、うんちだよ。

妻:えっ!?なんでわかるの?

子:だって食べたから。

妻:えぇ!?

子:チョコかなぁ?と思って。ペぇって、出したんだよ。

 

なんか、もう、地獄絵図すぎる。

このやり取りからは、笑いと疑問しか湧いてこない。笑

 

そもそも、なぜうんちが落ちているのか?

チョコだと思っても、なぜすぐ口に入れるのか?

なぜ、口に入れたときにうんちだと判別して、そこに放置するのか?

 

その疑問は置いておいて、起き出してきた息子に、うんちってどんな味だった?と聞くと、くさかったそうである。

 

4歳。幼稚園に通うようになって、かなり口が達者になり、体力、知力ともにぐんぐん成長しているなぁ、とは思っていたけど、まだまだ色がついていないな、とほほえましかった。

 

大人になれば、どんな人でもその人なりの性格、特徴、考え方(常識)などがある。

いつからそういう「色」がつくのかはわからないけど、息子はまだまだ白に近いなぁと感じたのだった。

 

きっとこれから、何色かをまとっていくようになるのだろう。単純に、子供の成長って見ているだけでも面白いなぁと思ったのであった。