めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

【30代転職体験談(2)!】転職を考えたときの妻との相談

スポンサーリンク

時の流れは速いもので、もうあっという間に年末ですね。

 

次の3月、4月での転職を考えておられる方も多いのではないでしょうか。また、具体的に転職、までは考えていなくてもなんとなく・・・という方のイメージアップのためにも記事を投稿したいと思ます。

 

転職活動を今のところ計画通りに進めることができたわけですが、これは、自分の力だけではなく、

 

妻に協力を得られたところが大きい

 

という風に思っています。

 

自分には、妻(現在無職)と3歳と1歳の子供がいます。そんな30代の男性が、公務員をやめて飲食業界(ブラックが多いといわれてます)に転職したい、というんですから相当な反対があって当然だと思います。

 

では、どのようなことを妻に話したのか、妻に転職を考えている、ということを伝えたときにどのような反応を得たか、ということを整理して紹介したいと思います。

 

この記事を読んでいただいているのが仕事をする女性であった場合は妻、というのを夫と読み替えてください。(経験に基づいてできるだけ具体的な記事にするため、わたしの経験を書きますので)

f:id:mennou:20171213185957p:plain

 どのようなことを妻に話したのか

まず、一番大事なことはどうして、そしてどこへの転職を考えているか、ということです。

 

転職を・・・

 

ということを言ったら

 

え!なんで?!

 

という反応をする奥様もおられると思います(伝え方、もイメージアップしてくださいね)。

 

そこで、

 

冷静かつ熱く転職の理由と希望先を伝えること(熱くない転職希望は、奥様も仕事をしている場合以外はビミョーだと思います)

 

が大切です。就職活動のときの面接を思い出してください。まさにその通りでいいと思います。

 

ただ、面接試験ではかっこつけた言葉や若干の誇張表現もあるとは思いますが、奥様には本当の自分の気持ちを自分の言葉で伝えるんです。人生の波を乗り越えていく二人なんですからね。自分の言葉で伝えれば耳を傾けてくれます。

 

わたしの妻の場合は、よく話を聞いてくれました。

 

わたしが伝えたことは、簡単に言えば、


①こういう理由で退職したい
②こういう理由でこの会社に就職したい
③お金は大丈夫

 

ということです。

 

お金の将来設計については、別の記事に譲りたいと思いますが、これが問題なければ反対されないと思います。参考記事↓

www.zinseitanosiku.com

 

わたしの場合も、

 

転職直後の3年間は大幅な赤字になるけど、予定通りに昇進すれば以降黒字に転じる、だから必死に頑張る、

 

ということを伝えたところ、じゃあ二人で新しいところで頑張ろうか、と言ってもらいました。1か月くらいは二人で考えましたけどね。

妻に転職を考えている、ということを伝えたときにどのような反応を得たか

上の項目に書いた通りですが、自分の伝えたいことを本気で伝えようとすれば聞いてくれると思います。

 

わたしが妻に伝えたのは、上の①~③でしたが、妻が気にしていたのは住む場所です。住む場所によっては子供の幼稚園や小学校などが変わってきます。

 

わたしたち夫婦の場合、来年度から子供が幼稚園に通うこと、今いる地域に3年以上住んでいたので、妻の希望としては、転職するなら引っ越しは最小限にしたい、ということでした。

 

このように、仕事が変わる、ということは生活の大きな部分を変える可能性がありますので、そういった部分についても具体的に相談することが必要だと思います。何と言っても、同じ船に乗っているパートナーですから!

 

ではまた!