めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

【時事】北朝鮮基地攻撃可能巡航ミサイルの導入 について

スポンサーリンク

空自の戦闘機に装備して900kmの最大射程で射つことのできる長距離巡航ミサイルの導入を決めたという報道がありました。

 

これは、北朝鮮からの弾道ミサイル防衛に任ずるイージス艦などを北朝鮮海軍艦艇から守るためのものだ、とのことです。

f:id:mennou:20171216201453j:plain

 

巡航ミサイルを導入しようという方針自体は間違っていないと思うんですが、この報道を聞いて、いくつかの疑問が湧きました。

 

自衛隊に新たな装備を導入しようとしても、すぐに装備できるわけでなく、4~5年はかかるのでは?

 

北朝鮮の艦艇からイージス艦を守る、ということですが、北朝鮮艦艇は旧式で数も少なく、イージス艦を攻撃する能力があったとしても無視していいレベルで、それをたたくための長距離巡航ミサイルとしては、費用対効果がかなり悪いくないか?

 

ちなみに、こんな感じの船です。↓

f:id:mennou:20171216200549j:plain

とにかく古くて小さくて、燃料がないので動きません

朝鮮人民軍海上戦力を担う組織であるが、陸海空三軍の中では最も小規模である[2]。小型の哨戒艇魚雷艇及び潜水艦を主力とし、特殊部隊浸透用のホバークラフト保有している[2]。総艦艇数は2013年時点で、約650隻、計10.3万トンと推定され、潜水艦は特殊部隊浸透用の小型艇も含め、90隻以上とされる[3]

経済活動の停滞もあり、燃料不足から外洋での活動はかなり低調である。また、艦艇の更新は進まず機材は旧式化しており、[2]。2013年10月には複数の艦艇が演習中に沈没して、10数名が殉職したことが報じられた[4]

引用:朝鮮人民軍海軍 - Wikipedia

 

③②のことがあるので、

イージス艦を守るというのは建前で本当の狙いは北朝鮮基地攻撃能力をもつことだ、

ということを言う人もいるけど、

日本に届く弾道ミサイルを相当数持っている北朝鮮に対してはほぼ無力か(地下要塞化されているものを外からたたいても効かない)?

 

①~③は、間違いなく、わたしの想像通りだと思います。

 

なので、①~③のことから、

 

日本の巡航ミサイルの導入は、米国との同盟関係の強化のアピールが本当の狙いなんだろう

 

ということが言えるんではないでしょうか。

 

巡航ミサイル導入となると、間違いなくわたしたちの税金が使われます。

その使われ方についてはこの記事で議論しようと思いませんが、わたしたちの税金の使い道として、どうなのか、という観点で見ようとすると、

やはり、

 

その政策(今回は装備の話)を導入する本当の狙いを自分なりに考えてみること

 

が必要になると思います。

 

わたしたちの暮らしの方向性を決めていく政府・政治家をよくみて、変な情報に踊らされずに国民としての意見を持つ

 

という姿勢が国の将来を作っていくんだと思います。

 

以下、記事です。

 

ではまた!