めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

僕家のらーめん おえかき

スポンサーリンク

実家帰りラーメンシリーズ第2弾ということで、本日は「僕家(ぼくんち)のらーめん おえかき」さんへ行ってまいりました。(第2弾でシリーズ完結)

 

わたしの実家から車で30分のところにある個人店で、以前ネットで見て、実家に帰った時に絶対行こう、と思っていたところでした。

 

昨日に引き続きお昼ラーメンでしたが、とても楽しみにしていました。

 

グーグルで迷うことなくナビって移動!お昼12:30ごろ到着!!

f:id:mennou:20171222155327j:plain

いかにも雰囲気のよさそうな看板ですね。

これも、雲一つない空に映える映える。って、おい、10台以上停められる駐車場がほぼ満車じゃないか。。。(困ったぞ、と素人は思うんだよな。これは、期待できるってやつだ)わたしは1台だけ運良く空いているのを発見し、胸を躍らせながら駐車しました。

 

お店の入り口の方へ行ってみると、

f:id:mennou:20171222155656j:plain

これまた温かい雰囲気のある店構えでした。楽しそうなお店の雰囲気が伝わってきますね。

 

がらがら戸をひいて中に入ってみると、

f:id:mennou:20171222155918j:plain

カウンターのみ約15席。んー汗、小さい子供連れにはやや厳しいかと思いきや、子供用のいすも出せるとのこと(カウンターの高さより50cmくらい低くてちょっとバランスわるかったけどね汗汗)。いけないこともないか、と思い直してすでに5人くらい待っているお客さんの後ろについて待つことに。

 

メニューを見ながら待ちました。

f:id:mennou:20171222155956j:plain

塩ラーメンとしょうゆラーメンがあるみたいですね。あと謎の濁まる(マニア向け)・・・これは無難なのを選ぶしかない。

わたしは、ふわまる塩チャーシューめん、妻は、つけめんをチョイス!(別のメニューにつけめんがありました)

 

最初に行くラーメン屋では一番シンプルなものを食べたい、だけど、チャーシューもたくさん食べたい、というわたしのちっちゃなこだわりがあって、「ふわまる塩チャーシューめんお願いします。ただし、ふわまる塩らーめんよりチャーシューの多い分は別盛り」、という一見わけのわからない注文にも柔軟に対応していただきました。。。(あざす!!)

 

ラーメンがくるまで調味料を確認。

f:id:mennou:20171222160021j:plain

テーブルの上には何やら二つの金属製の壺が・・・醤油ラーメン用と塩ラーメン用にそれぞれの調味料があるようです。

 

ふたを開けてみると、

f:id:mennou:20171222160026j:plain

ひだりが醤油ラーメン用、右が塩ラーメン用です。

なかなか手が込んでおり、味変決定です。

 

待つこと5分、「ふわまる塩チャーシューめん、ふわまる塩らーめんよりチャーシューの多い分は別盛り」が到着しました。大盛無料、ということで、もちろん大盛りです(実家帰り太り確定!)。

f:id:mennou:20171222160031j:plain

この泡がとても興味津々です。ラーメンの提供直前にあわだて器で作ってました。ねぎの緑と卵の黄色、そして半生チャーシューのピンクが色鮮やかで美しいですね。

 

スープをすくってみると、

f:id:mennou:20171222160054j:plain

魚介とんこつのこってり具合が香りだけじゃなくて、このスープの色からもうかがえるやつでした。これは濃厚に決まってますね。一口すすってみると、想像通りの濃厚さと予想外のクリーミーさで興奮も最高潮でした。高級料理のスープ、というような印象でしたよ(高級料理食べたことないからあくまで推測)。

 

次は麺です。

f:id:mennou:20171222160053j:plain平打ちの中太麺です。ホントに高級料理の・・・しゃれおつ!ただ、硬めの方が粉の香り(怪しい粉じゃないよ!)が強くて個人的には好きなんですが、麺の硬さの調整はできない、ということで(理由は不明)、今回は普通で。

 

普通でも十分うまいよ!

 

スープの濃厚さとクリーミーさに麺がよく絡んでどんどんいけました。

 

次はずっときになっていたチャーシューです。

f:id:mennou:20171222160136j:plain

ぺローン。とろけちゃうやつかと思いきや、けっこう弾力が強くて噛めば噛むほど味が出てくるやつでした。チャーシューの周りに施されたブラックペッパーのさわやかでコクのある香りが心地よかったです。もう少しスモーキーでもよかったかもしれませんね。

 

次はメンマです。

f:id:mennou:20171222160142j:plain

人差し指くらいの太さのある(たとえが生々しくてキモいよ)メンマでした。醤油の風味がしっかりしていて、噛み応えもあるかなりおいしいメンマでした。かといって味が強すぎてラーメン全体のバランスを崩すこともない、いい役目を果たしていました。

 

しかも、超繊細な心使いを発見しました。写真ではわかりにくいかもしれませんが、メンマの表面に細かい切れ込みがしてあるんです。メンマにその味やスープがよく絡むように、ということでしょう。

 

どうりでうまいわけです。

 

次はたまご。

f:id:mennou:20171222160146j:plain

煮卵じゃない。ラーメンは煮卵、という常識を覆されました。煮卵にしていない理由があろうかとも思いますが、思、個人的には煮卵の方がいいかなぁ。

 

いろんな具材を食べつつ、しっかりスープやめんを平らげていった、わたしはここで味変タイム。

f:id:mennou:20171222160149j:plain

先ほどの机の上の塩ラーメン用調味料をイン!ブラックペッパーのオイル漬ですね。

 

一杯すくって投入。

f:id:mennou:20171222160151j:plain

これも、めんによく絡んでいい感じです。

 

ブラックペッパーのコクとさわやかさが、濃厚でまったりとしたスープにいい刺激を与えてくれました。カルボナーラに近いところがありそうですね(さすがにカルボナーラは食べたことあります)。

 

一気に完食です。

f:id:mennou:20171222160153j:plain

 

わたしの面倒なこだわりの結果がこれ。

f:id:mennou:20171222160202j:plain

めんどくさい客だ、と思われることもなく(推測)笑顔で対応していただき、ありがたい限りです。チャーシューめんにすると、普通の2枚にプラス6枚付いてくる、ということですね。

 

もちろんこれもラーメンと一緒においしくいただきました。

 

妻の注文したつけめん(普通盛り1000円、大盛無料)がこれです。

f:id:mennou:20171222160158j:plain

つけ汁がほんとに濃厚で、チーズの風味がしました。

 

妻は本当に感動してました。

 

妻の感動ポイントは、以下のとおり。

 

①本当においしい(帰りの車中でずっと余韻に浸っていました)

②店の雰囲気がいい

 

わたしたちが席に着いて食べ始めた後もお客さんはひっきりなしに来ていました。かなり繁盛しているようで、13:00ごろにはお店の外にまで並ぶ列が出るくらいになっていました。

 

11:00開店、とのことなので待たずにいただくには11:00から12:00くらいの間に伺うのがいいかと思いました。

 

どことなく、ドイツから逆輸入のラーメン店「無垢」の出すラーメンに近いところがあったようでした。

 

それにしても、上品でおいしいらーめんでした。実家に帰った時には再訪問決定です。本当においしかった、と思えるお店に出会えると幸せな気持ちになりますし、とてもいい時間の使い方ができたなぁ、と満足できますね。

 

ごちそうさまでした!

 

 

ではまた!