めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

自分の意志の弱さを反省して、久しぶりに走ったらすっきりした。(転職8日後)

スポンサーリンク

今日は、久しぶりに走りました。走って分かったことなどを書いていきます。

 

f:id:mennou:20180108110541j:plain

本日の業務内容

【1月8日】

0730起床

0900~1000ランニング

1345出勤予定

ランニングをして分かったこと

わたしは意志の弱い人間である。転職については、生活がかかっていたのでしっかり予定通り進めることができたが、やっぱり意志が弱いことがわかった。新年の抱負をその助走という意味を込めて年明け前にしてにもかかわらず、1月一週目にして、すでに守れなくなってきているのだ。

 

 

 

 

 

まずぃ、まずすぎるぞ、これは・・・

 

 

 

 

 

わたしは、新年の抱負として

 

①店長になる

②家族仲良くする

③週2回走る

 

ということを掲げた。

 

 

 

 

 

まずいのは、③の週2回走る、ということである。もう1月は一週間過ぎたが、走ったのはたったの30分を一回である。この週2回、というのは1回当たり1時間のノルマである。一週間目にして、「もう、この目標やめようかな。。。仕事に直結しないとやる気しないし」と早くもギブアップ記事を書こうか、、、と思い始めていた。

 

 

 

そんな風に思っていたところ、はっとする記事を目にした。↓

 

これは、米海軍特殊部隊の元司令官(友達でも何でもない)が書いたもので、要約すると以下のような内容である。

 

要約:新年の抱負は、あまり効果がない。目標は、日々の予定に落としてすぐに行動できるレベルまで具体化して初めて実行できる。

 

ということであった。

 

 

 

わたしは、わかっていても、改めてこういうことを言われるとはっとする。わたしは、抱負を宣言するだけ宣言して、具体的に行動に移せるレベルに具体化していなかったのである。

 

わたしが週2回1時間走る、という目標を設定したのは以下のためである。

①健康、体力維持

②ブルべ(規定時間以内に長距離を自転車で走る競技)での目標達成

 

仕事に直結しない、かもしれないが、健康、体力の維持は必要だし、自転車だって好きでやっていることである。そう、仕事に直結しないとやる気しない、なんてただの言い訳なのである。

 

 

 

やると決めたことをやらないと、自信がなくなるし、だんだん自分のことが嫌いになる。

 

 

 

だから、この記事を読んで反省したわたしは、抱負が効果ない、だなんて言わせないために行動した。わたしは、走る、という小さな目標を達成するためにしたことは以下の通り。

 

①走り始める時刻を前の日に決める

②着替えを準備する

 

という簡単なことである。しっかりした反省(気持ち)と①、②があればできるものである。今日は朝、しっかりと1時間、2カ月ぶりに走ることができた。ランニングをして分かったことをまとめておく。

 

①30分くらいしたところで、体がほぐれてくる

②しばらく(2カ月)走っていないと心肺機能が著しく落ちる

③走ると頭と体がすっきりする

④走る、という本当に小さな目標も達成すると、小さな自信になる

 

特に重要なのは④小さな目標の達成が小さな自信をつけることにつながる、ということである。できる人は単にその経験があるから、ではない。経験から自信をつけているのである。

 

 

 

これからも、1年間しっかりと毎日の小さな目標を達成して、自信をつけつつ、最終的な大きな目標を達成したい。