めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

本日ここに、夜のお菓子の誘惑との戦いへの敗北を宣言する。(転職後21日目)

スポンサーリンク

記事テーマの通りのことを記録したいと思います(涙)。

f:id:mennou:20180122030919j:plain

本日の業務内容

【1月21日】

0815起床

1330~1445出勤

1500~1800サブ

1800~1830休憩

1830~2300ホール

2315~0045帰宅(終電乗り換え失敗により、一区間徒歩)

0315就寝

感じたこと

先日以下のような記事を投稿した。↓

この記事は、夜のお菓子の誘惑への抵抗宣言であって、夜のお菓子を完全に断つのではなく、決めたルールの中で最低限食べていい、というものである。宣言してから1週間半くらいの本日、ここに、夜のお菓子との戦いが終わったこと、その背景などを記録しておきたい。戦いが終わるとは、その結果がどうであれ、すがすがしいものである。

 

わたしは、甘いもの、しょっぱいもの問わず、お菓子全般が大好きである。

 

仕事が変わってからは、帰宅が遅くなり、帰宅後も遅くまで起きていることが多くなった。遅いときは0300くらいまで起きていることもある(っていうか、ここまで来ると早朝です)。夕食はたいてい1800~1900くらいの間にラーメンと白米をまかないでいただいており、カロリーはなかなかのものであるはずだが、夕食後仕事をして(声をかなり出すラーメン店)、遅くに帰宅するとおなかはペコペコである。仕事へのストレスもあろう。こういうわけで、新しい仕事が始まってから3週間、夜にお菓子を食べてしまうことが続いた。寝る前に何か食べる、ということが体にいいはずなく、また、毎日まかないでラーメンを食べていることから、夜のお菓子は健康を害するからやめたい、という気持ちで、夜のお菓子3条件を決めて、その条件を満たしたお菓子を最低限決めた量だけ食べる、という宣言(遺書)が上記の記事である。

 

決めたことは実践してみないと意味がない。だから、夜のお菓子に抵抗して、安いビスケット1枚を18等分して何枚か食べるようにしたのである(カロリーとお菓子代を考慮)。

 

 

 

ここに、その戦いはどうなったのか。正直に書いていきたい。

 

上記の記事投稿後1日目:宣言通り実践

2日目:18等分せず、食べる枚数もオーバー(決めた通りのビスケットを食べる)

3日目:18等分せず、食べる枚数もオーバー(決めた通りのビスケットを食べる)

4日目:ビスケットが切れ、家にあった別のお菓子を好きなだけ食べる

5日目:帰宅中にコンビニでお菓子を購入、食べる

・・・

本日:帰宅中にコンビニでお菓子(黒ごまビスケット←黒ごまは体にいいはず!)を購入、帰宅中に食べる。家では置いてあったチョコレートを食べる

 

もう2日目の時点で宣言したことは忘れ、5日目以降は、宣言したときよりも食べるように・・・

 

 

 

 

 

敗北宣言

ここに、夜のお菓子への抵抗を終了し、戦いに敗北したことを宣言します。これからは、「お菓子を我慢することへのストレス」を最小限にしつつ、運動量を増やすとともに、食事量をなるべく制限して、健康を維持します。また、お菓子などにより、健康を害するようなことがあれば、その時対応策を改めて検討します。また、そのベンチマークを取りたいので、1週間ごとに体重を測定し、健康管理していくことを誓います。

 

 

 

 

 

意志の弱い男のお菓子への悪あがきの末路は、みごとな敗北であった。

 

空腹と仕事へのストレスは、お菓子を我慢する上でかなりの負担になった。それもあって、お菓子を我慢すること自体に大きなストレスを感じたのである。一方、好きなお菓子を食べているときの幸せな気持ちと言ったら、これ以上ない、と思えるくらい最高なのである。

 

悪い薬をやっているわけでもないし、酒もたばこもやらないんだから、お菓子くらい食べたってバチは当たらないよね?

 

というわけで、わたしは、夜のお菓子をほどよく食べていい、というルールにした。もう戦わなくていい、もう我慢しなくていい。敗北したら、その相手を称え、従順な被支配者であるべきである。少しくらい、自分ルールにあそびがあってもいいはずである(食べるための言い訳はたくさん思いつく)。

 

 

 

 

 

やっぱりムリでした!!ごめんなさい!!