めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

ブログの記事は、気が向いたときに楽しんで書けばいい

スポンサーリンク

記事を毎日更新するぞ!とか、100記事までは頑張る!というような話を聞いたことがあるけれど、基本的には、ブログの記事は、気が向いたときに楽しんで書けばいいと思う。

頑張って書くことに楽しさを感じられればいいと思うけど、楽しくないのに、頑張ってやる気を出して書いた文章は、書いていても、読んでいても楽しくないからだ。(読んでて分かります)

もちろん、ブログで生計立てようって人はそうもいかないんでしょうが。

 

どうしてこんな話をするかというと、わたし自身これまでほぼ毎日記事を投稿してきて、また、投稿ペースを落としてみて気づいたことがあったからだ。

私生活の方で、ブログ以外にもやることが増えてきて、記事の投稿ペースを落とす、という話をしておきながら、なんとなく空き時間に書いてしまって、ほぼ毎日投稿してしまっているわたしだけれど、記事を投稿しなくてもいい、と考えると少し気が楽になることに気づいたのです。

楽しくて書いてきた記事、好きで書いて毎日投稿しているうちに、その10%くらいの部分が気持ちの中で少し負担になっていたような感じ。

本当に感覚的なところで、言葉にするのが難しいけど、そんな感じなんです。

この記事だって、今日は投稿しなくていいや、と思いながら読書と試験勉強をしようとしていたところ、「あ、この書かなくていいって感覚、伝えたい」と思ってパソコンを開いてしまった。

 

ブログは、毎日投稿しなくたって、なくなるわけじゃない。読んでくれる人がいなくなるわけじゃない。

もちろん、数カ月とか半年とか書かないと、漫画の連載がストップしたような寂しさがあるけど、そういうわけではないでしょう。

それに、そもそも、ブログの底には、書きたいことを自分のペース書いていいという基本ルールがあるはず。

 

必死にやる気を振り絞って書いた記事より、自然と湧き出た「書きたい」という気持ちで書いた記事の方が書いていて、また、読んでいて楽しいものだ。

もし毎日書くことに少し負担を感じている方がおられるなら、ブログから少し離れてみるのもいいと思う。

ブログも読者も、待っていてくれるから。