めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

「好きなことで、生きていく」をもうやめた

スポンサーリンク

「好きなことで、生きていく」というフレーズは、だれが言い始めたのだろう。

先日、こんなことを思った。

 

最近、仕事をしていてストレス(いい意味ではない)を感じることが増えてきたからだ。

仕事自体は楽しい。前職の公務員としての仕事よりも間違いなく楽しいし、充実もしている。

ただ、仕事にある程度慣れてくると、仕事以外のところにも楽しみや充実を求めるものなのかもしれない。

とにかく休みが少ない、そして、積極的に休ませようという雰囲気のないことにストレスを感じるようになったのである。

 

具体的には、週1、2(月では4~7)の休みで、連休は稀。しかも今度の異動先である新店では週1回休めればいい方だろう。

「有給休暇は存在するけど、使えないのが当たり前と思え」という今よく話題になる風潮が、蔓延しているということもある。

これは明確に言われてはいないが、有給・・・なんて言ったとしても、「ムリムリ」と聞いてももらえないだろう。

 

休みが少ないだろうということは、転職する前から覚悟していたが、いざ経験してみると、その態勢に不満も出てくるものである。(まだまだ甘いのかな?)

前職では、カレンダー通り(祝日ももちろん休み)+「有給はどんどん使え」だったからなぁ・・・

 

また、わたしがストレスに感じるのはそれよりも、「好きなことを仕事にしているはずなのだから、休みたいなんて思うのはダメなんだ」と考えてしまう自分がいることにあるのかもしれない。

 

イチローは、「努力している、と思っている段階ではまだ二流。一流は努力を努力とは思わない」ということを言っている。

これはまさに、「好きなことで、生きていく」ということではないか。

 

わたし自身、このフレーズを最初に聞いたのが、HIKAKINさんのYouTube番組だったような気がしたので検索してみると、3年前に動画投稿されていた。

また、同趣旨の動画は、それ以降今に至るまでいろいろなYouTuberが投稿しているようだった。

好きなことで、生きていく - HIKAKIN - YouTube [ Long ver. ] - YouTube

 

これがやりたいと言って、恵まれた待遇を捨てて転職したということもあって、今している仕事が「好きなこと」でなければならない。

だからこそ、休みたいと思ってはいけない、そう考えてしまう。

好きなことなのだから、休みたいなんて思わないはずだろう?そのように自分を縛り付けてしまうのである。

 

この記事を読んでいただいているみなさんはどうですか?

今していることは「好きなこと」ですか?

そして、休みたいと思うことはありますか?

それは、わるいことですか? 

※休みに関して考えていったとき、努力を努力と思わないレベルの話と照らし合わせると、今していることを続けるために休むという発想になるのだろう。

これはイチローのレベルであって、わたしにはムリだ、ということでこの話は置いておいて・・・

 

考えを巡らしていった時に気づいたのは、「好きなことで、生きていく」には、勘違いしやすい大前提が隠れているということだった。

それは、「好きなこと」とは、仕事のことだけを指しているわけではないということである。

 

「生きていく」のは、人生を歩んでいくということであって、「仕事をしていく」ではない。

だから、休んではいけないなんて思ってストレスを感じる必要もないし、好きなことを仕事にしているはずなんだからと、変な枠にはめ込もうとしなくてもいいわけである。

 

このように考えると、似たようなフレーズが湧いて出てくる。

 

自分を肯定する

納得して生きる

主体的に生きる

自分の人生は自分で評価する(他人からの評価を価値判断の軸にしない)

などなど。

 

そして、これらと「好きなことで、生きていく」は同じ意味なのだろう、という風にも思った。

これらのフレーズは、「7つの習慣」という名著でも目にしたこと。広く、長く語り継がれるのは、これ自体なかなか難しいことだからかもしれない。

  

もしかしたら、わたしのように「好きなことで、生きていく」にストレスを感じている方は多いのかもしれない。

好きなことがしたいと、転職する人が増えている現状を見ると、あながち間違いでもなさそうだ。

 

でも、少し考えれば簡単なことだったのである。

「好きなこと」とは、仕事だけの話ではなく、暮らし全般のこと。

 

「好きなことで、生きていく」とは、充実した暮らしをしよう、というごく一般的でありふれたフレーズを、より前向きに生き生きとした、若者受けするものにしただけなのではないか。

 

「好きなことで、生きていく」にストレスを感じるのはやめよう。

そんな必要はない。

 

なぜなら、もうすでに、「好きなことで、生きている」からである。

仕事は楽しい。

家族を愛し、愛されてもいる。

趣味も最高に充実している。

だから、いつも心が温かい。

もう少しわがままを言うとしたら、休み、くらいかな。(←まだ言うか!?)

 

あなたは今、好きなことで、生きていますか?