めんおうブログ

国家公務員からラーメンベンチャーへ転職した、30代男性の経験と思いと挑戦。時々、本などのブログ

ブログでの転機を振り返る

スポンサーリンク

先日、Twitterの質問箱に、「めんおうさんのブログでの転機っていつごろですか?記事などあったら教えてください」という質問をいただいた。

早いもので、今月末でブログを始めてから9カ月が経つけど、そう言えばこれまでブログでのできごとを振り返ったことがなかったことに気づいた。

 

ブログでの転機って、いつごろで、どんな記事があったっけ?

 

こんなことを考えてみると、「そもそも転機って何だろう?」という疑問が湧いてきた。

転機が何かをはっきりさせないと、それがいつ、どんなだったのかなんてわかりませんからね。

 

ということで、この記事では、わたしの9カ月のブログ歴の中での「転機」について少し詳しく紹介したいと思います。

9カ月について振り返るのは、なかなか楽しい作業になりそうだなぁ。

ブログでの転機とは

ブログでの転機がいつ、どんなだったのかを振り返る前に、そもそもブログでの転機とは何かについて考えたい。

一言に転機と言っても、人によって違う。

収益を狙っている人からすれば、一カ月で10万円を稼いだときになるだろうし、ブログを始めたばかりの人なら、アドセンスに通ったときになるだろう。

考えてみれば、ブログでの転機とは、その人の抱えているブログでの悩みや迷いが解けたときなど、大きな発見などに出会った時と言えそうだ。

わたしのブログでの転機

思い返してみれば、わたしのブログでの悩みや迷いは、長い間、「自分らしいブログって何だろう、自分らしい書き方って何だろう、どんな文章を書きたいんだろう」ということだった。

だからわたしのブログでの転機は、自分らしいブログとは何か、どんな文章を書きたいのかがはっきりしたときということになる。

 

自分らしいブログなどについて、考えたことについてまとめた記事はこれ。↓

www.zinseitanosiku.com

要は、どんな記事でも、そのとき書いて出来上がった記事が「自分らしい記事」なんだということ。

この時期は、個人的に悩んだり、迷ったりしていたことに自分なりの答えを出すことのできた時期で、このあたりから迷うことなく、サクッと記事を書けるようになったのを覚えている。

自分が書きたい文章(文体)についてもはっきりしたのも、この時期だった。↓

www.zinseitanosiku.com

これがはっきりするまでは、自分で書いた文章なのに、なんとなく自分の分じゃないような、心が他のところにあるような、飾っているような、ふわふわ浮いているような気がしていた。

きっかけは、ぐるりみち。のけいろーさんの文章を読んだときに「これだ」と思ったこと。

人の書いた文章なのに、自分が書きたいものがそこにあったんですよね。

ただ、形を真似たいとか、そういうのではなくて、物腰の軽やかさというか、感じる芯の強さというか、そういうところ

今ではしっかり地に足をつけて記事を書けている(はず)。

とても感覚的な話なので、概念的になってしまって、わかりにくかったらすみません。

 

なぜこの時期に「わたしのブログでの転機」が来たのか、というとそれはわからない。

でも、強いて言えば、ブログが大好きで、書くたびに、なんかしっくりこないなぁと悩み、迷いながら答えを探り続けたからかなと思う。

その結果が出たのがたまたまこの時期だったと。ブログ始めてから7カ月ですね、この時期。

 

 

特に記憶に残っている記事

冒頭に紹介した、いただいた質問の中に、転機になった記事などあったら教えてください、というのがあった。

これまで述べてきたように、わたしのブログでの転機が、「記事を書いてそれが読まれた!」というようなものではないので、質問者のイメージと違うかもしれない。

だから、転機になった記事というものは特にない。

でも、わたしにも特に記憶に残っている記事ならいくつかある。

簡単に紹介しておきますね!

 

初めてスマートニュースに掲載された記事

鶏肉料理史上一番おいしかった、と妻が評価した簡単もっちりチキン!!

上の他にスマートニュースに掲載された記事

ベンチャー企業の弱さを見た。このままではまずい、と思った。

230人分の雑記ブログを読んで、そのいいところとよくないところをまとめた

「あなたの記事、途中まで読んだけど長くてやめました」という妻の言葉に返す言葉がなかった。

転職したわたしが、転職やフリーランスを人におすすめしない理由

今のところ最初で最後の収支報告記事

半年で1,300人もの読者に支えらるようになったわたしのブログ運営状況など

はてなの歴史や文化についてまとめた記事

はてな村とは。その実態を徹底的に調べた結果をまとめる。

 

まとめ

これまでの9カ月を振り返りつつ、わたしのブログでの転機についてまとめました。

なかなか楽しい作業だったし、これからの自分を作っていく上でも、過去を振り返るというのは意味のあることなので、みなさんにもおすすめしますよ!

 

1年に8割が辞めると言われるブログ。

わたしは、本当にありがたいことに、たくさんの方に読んでいただけるようになり、まだまだ楽しく続けていけそうだ。

まだまだ書きたいこともあるし、みなさんと考えたり、お話ししたいこともたくさんある。

 

これからも続けていくブログにおいても、何かが転機になり、そこからまた自分のブログやブログに向かう姿勢が変わっていくと思うとワクワクしてくる。

ブログと出会えて、本当によかった。