めんおうブログ

専業ライターを目指して闘うパラレルワーカーの日々と、よりよく生きるためのちょっとしたコツなど。

大学を辞めて、プロブロガーになろうとしている人へ

スポンサーリンク

最近、Twitterで、「大学を辞めてプロブロガーになる!」という大学生のツイートが流れてくることが多い。

 

よく目にするので、下のようにツイートしたところ、イケハヤさんからも意見をいただいた。↓

 

 

イケハヤさんからの反応があったこともあって、多くの意見が寄せられた。

多くの人が、「大学辞めて・・・」ツイートを見て何らかの意見を持ったことだろう。

 

わたしは、「後悔しなければ失敗でも成功」という信条を持っているので、「大学を辞めて、プロブロガーになる」ということについては、その人の自由ということになるし、この記事で反対意見を主張したいわけではない。

あくまで、わたしだったら、というベースで意見を記事にするという意味でしかないのであしからず。

 

さて、大学を辞めて、プロブロガーになろうという人について。

「おれが大学生なら、今大学を辞めてまで、将来の可能性を絞り込むようなことはしないと思うよ」とアドバイスする。

その理由は以下の2点。

  1. 大学を辞めてまでやろうとしていることが、ブログであること
  2. 大学生にとっては、将来の可能性を広げておくことが、一番大事だと思うこと

 

まず、ブログなら大学を辞めなくても、できるはずだ。

 

トップブロガーであるヒトデさんもこう言っている。↓

 

わたしも会社員でありながら、ブログをしているけど、こういう感じではなくて、とにかくブログ!もうずっとブログしてたい!っていうことなのだろうか?

そうだとしても、ブログはその特性上、長い期間で少しずつ時間をかけるやり方でも成果は出る。

やりたいことがブログなら、「今すぐ大学辞める」でなくてもいいんじゃないかな?

大学に通う数年間を「なし」にして急いだところで、そこまでメリットがないということだ。

 

次に、若いうちに将来の可能性を広げておいた方がいいということ。

大学生という、人生で一番自由な時間があるのに、その権利を投げ捨ててまでブログをやらなくても・・・って思ってしまうのだ。

いや、今大学辞めなかったら、将来仕事辞めてブログってことに・・・という声も聞こえてくるけど、それはちょっと違う。

大学を続けながら本気でブログをやれば、「大学→就職という道」と「プロブロガーという道」を選ぶことができるからだ。

大学では真剣に学び、いろんなことを経験し、可能性を広げればいい。

多くの選択肢を得た中で、吟味し、最高の選択肢がプロブロガーだったならそれを選べばいいというわけだ。

イケハヤさんの言うように、ムダにダラダラ通うくらいならやめた方がいいかもしれない。

でも、可能性を広げること、つまり勉強すること、いろんな経験をすること、将来について悩み抜くことに真剣になればいいんだ。

これは、一見ダラダラしていてムダに見えるかもしれないけれど、絶対そうじゃない。

大学生にとって、一番意味のあることですらある。

ブログを続けるなら、こういう実りある期間を過ごした人の方が、長い目で見ていい記事書けるってものよ!

 

最後におまけだけど、大学でもどこでも、一生懸命勉強したり、いろいろなことに本気で取り組んで身に着けた人の情報発信にはかなわない。

上のツイートにある通り、「しっかり勉強した人には、ブログでもTwitterでも「この人には勝てないわぁ…切り口が違いすぎる」って感じること多い。」のである。

同じものを見ていても、違うものが見えているかのような発信がされているのをよく見る。

こういうのを見るたびに、「自分ももっと勉強しておけばよかったかもな」って思うんだ。

 

これ以上言うと、また「老害うぜー」って言われそうなのでこのくらいにしておきたい。

 

ただ、個別具体的に、大学を辞めてプロブロガーになろうとしている人の将来に関心はあるし、応援したいとも思う。

そういう人の成功って、社会は自由なんだって実感できていいと思いません?

なので、引き続きフォローさせてくださいね!

 

ではまた!