めんおうブログ

専業ライターを目指して闘うパラレルワーカーの日々と、よりよく生きるためのちょっとしたコツなど。

文字の海におぼれそう

スポンサーリンク

休日になると文字の海におぼれそうになる。

 

特に春休みや夏休みになると、長期休暇が取れないわたしは自宅に残り、妻と子供を実家に送り出すことになる。

その中で休みがあれば一日中読書をしたりライター業、ブログやTwitterをいじったりすることになる。

ランニングやロードバイクが趣味だった時期もあったけれど、なかなか連休が取れない状況になってからは、読むこと、書くことに時間を使った方がいろいろといいような気がして。

 

こうなると、本業以外はずっと文字に触れていることになる。

 

よく「本業が忙しいのに、ライティング、ブログやTwitterをしているめんおうさんはホントにすごい」というようなことを言っていただけることもあるけど、うれしい反面、自分はすごいなんて全く思っていない。

起きてから出勤するまで意外に時間があるし、ライティングやブログは「やりたいな」と思う一方で「面倒だな」と思うこともあったりで、さぼり気味だからだ。

 

ただ、それでも平日は4~5時間は文字の海で泳いでいるし、休日になれば食事、風呂、睡眠以外は泳ぐしかすることがなくて、書くことばかりではないが、休日は10時間以上は文字の海で泳いでいるだろう。

 

この記事を書いている今は、4月5日金曜日の朝方4時近くになる(本業の影響で若干昼夜逆転リズムなので問題ありません←これ自体が問題笑)。

一日中文字の海で泳ぎ続けてこの時間になると、さすがにわけが分からなくなってくる(←やっぱりヤバいやん笑)。

 

読むことに関しては、

  • 読み進めたいけど、内容に飽きるので4冊を同時に読んでいる状態
  • 分量としては1日2冊分くらい読んでる
  • Twitterのタイムライン飽きた

 

書くことに関しては

  • ライティング案件の提案×3
  • クライアントさんの記事作成
  • ブログ記事作成
  • ツイートいくつしたか覚えていない
  • 本業関連のLINE

 

休日にはいつもこういう状況になる。

 

頭がぼーっとしているけれど、記事作成はどんどん進む。

ただし、感覚的な内容に限ったことで、論理的な内容は書けないという。

 

文字の海におぼれそう。

 

でも、この「ブロガーズハイ」みたいな感覚が心地いい。

「さすがに4時半には寝ないと、明日の仕事に響いちゃうよな」と思いながら、この後きっと朝5時まで本を読むと思う。

 

文字中毒ってあるんでしょうか。

 

ではまた!